06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

漫画背景

漫画の背景に関するブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

サスペンスドラマの恐怖 

漫画背景・アパート0002
漫画背景・渋谷002
【漫画背景・アパート&渋谷】

いつものグチですが、相変わらず仕事は大変で、自宅でもブルーレイレコーダーの容量確保で四苦八苦!
レコーダーの方はキッズステーションとファミリー劇場がHD化したおかげで、録画対象が増えたことが原因なのは否めません。
少しでも空いた時間に描いていればいいんだけど、漫画の背景画とは別の新しい描画方法に夢中で、ちょっとおろそかになってます(反省)

今回アップした背景画もすでにHP上でアップされているものです。スミマセン。

さて、今回のタイトルのサスペンスドラマの恐怖とは・・・

仕事場で先生が仕事を進めながらサスペンスドラマを見ていたときに、ドラマの映像のなかに違和感を感じた僕は、先生にもう一度巻き戻して再確認してもらったときに
ワワッ!えええええ?
とビビリ声。
果たして先生が見たものは……主人公の女性が車の助手席に座ってセリフをつぶやいているときに、右側面にある車のガラス窓に映った主人公の横顔がふいにこちらを向いたのだ。
よくよく見るとそのタイミングは主人公の女性が運転手に話しかけるためにカメラの方を向いた時だった。

気づいた人には笑い話だが、窓ガラスに映っていたのは主人公の映像を、あたかもガラスに映りこんでいるかのように演出した、半透明の合成映像だった。
手抜きといえばそれまでなのだが、演出でどうしてもガラスに映りこんだ映像が欲しかったんだろう。その結果、主人公がこちらを向いた時、本来ならガラスの主人公は後頭部を見せないといけないはずが、実体と同じカメラの方を向いてきたのだ。

恐怖ドラマで鏡に映った主人公が鏡像行動をとらなかったときの場面と同じなので、心構えのなかった先生は一瞬トリハダがたってしまったらしい。
あのNGは制作サイドは気づかなかったのかなw
スポンサーサイト
2013/07/06 Sat. 05:03 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。