06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

漫画背景

漫画の背景に関するブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

前回の続き 

写真加工・漫画背景・マンション13
【写真加工・漫画背景・マンション13】
明日から仕事なので、背景製作も少し休憩(いつも休憩してるけど)
なので途中なんだけどブログにアップしてみました。
これで制作2時間ってとこです。
一番時間がかかったのは電線を別レイヤーにしたことかな(映ってないけど)。

なぜ中途半端なのにアップしたのか・・・・それは
前回の続き「VR ZONE」体験を書かないと旬を逃しちゃうからね。

で、最後に体験したのが『脱出病棟Ω』です。

ほとんどの参加者が最初のほうで体験しているので、自分が並んだときには女性二人がいるだけ。
「まずいぞ、このままだと体験できない!」
脱出病棟Ωは最低2人いないと遊べないアトラクションなのだ。
そこへもう一組のカップルが・・・女性のほうは参加しない雰囲気だったのでひとまず安心。
が、前の組の絶叫に近い悲鳴を上げているのを聞いた男性は
「俺、やっぱやめる」
オイオイ
そこへ助け舟のように一人の男性が並んだ・・・・韓国人だった。
「このアトラクションって二人以上で指示しあいながら進むゲームなのに・・」
落胆しそうになったが、その韓国の男性は日本語が少ししゃべれるとのこと。

そして二人でいざ出陣!

このアトラクションが一番、VRに合っていた。
舞台が病棟なので、ほとんど真っ暗。懐中電灯で照らしたあたりが明るい感じで、液晶のドット感、スクリーンドア効果が相当低減されてました。画質が悪いのも逆に雰囲気があるんだよね。

もう全体的に血だらけで臭いまで漂ってきそうです。
VRなんだから360度背景が見渡せるはずなんだけど、見渡したくない・・・まったく見渡したくない!!
クリーチャーがありえない移動をしてくるので、悲鳴のオンパレード
「ずるい!ありえんだろうその動き!卑怯だ!」と大声で叫んでましたw

で、途中で自分は囚われの身になり、助けてくれるのは相棒のみ。
ここで指示したんだけど、相棒はなんなくこなしてくれました。
最後も息ピッタリでクリアできて感謝感謝!

10分くらいの体験だったけど、終わったあとはフラフラになってしまった。
お金を少し加算してもう一度「アーガイルシフト」やろうかなと思ったけど、体力ゲージが底をついていたので諦めました。

PSVRも楽しみだけど、こういうアトラクションでしか楽しめないVRはずっと続けて欲しいですなぁ。
あ、近くのセガの建物で、もっと凄いのが出来るんだっけ?
いつか行きますよ~。

スポンサーサイト
2016/07/18 Mon. 02:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。