09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

漫画背景

漫画の背景に関するブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

写加筆 

写真加工・漫画背景・新宿018
写真加工・漫画背景・新宿018
写真加工・漫画背景・新宿019
写真加工・漫画背景・新宿019

題名の「写加筆」は自分が作った造語であり、ブランド名(?)でもあります。

工」+「加筆」で併せて「写加筆」です。
ずっと前から写真加工→加筆による作品を作っていたけど、新しいカメラを駆使することによって、以前より手軽に短時間で製作することができるようになりました~。
従来の作業の四分の一くらいになったかも。・・・でもこの背景にはトーンがありません。
この従来のトーン作業を割愛することによって、多くの枚数と安さをセットに販売できるんじゃないかと構想しています。

今回は「GAME ON~ゲームってなんでおもしろい?」という企画展に行ってきた話しをします。
ゲームオン1

現在、お台場の日本科学未来館で長期的に開かれている(5月30日まで)GAME ONはPlayStation VRが体験できるイベントです。
といっても初代のゲーム「PON」から最新ゲームまで楽しめるといもの。
まぁ、お目当てはハッキリいってPSVRなんですけどね。

会館時間前に着くハズが15分くらい遅れて到着。整理券をゲットしたけど13:10という文字が・・・平日に行ったけどこんなもんです。本気で体験したかったら土日は避けて会館時前に行きましょう。

で、体験したデモゲームは「THE DEEP」
the deep
本当にビビリました。
以前からムービーで何度も確認していた映像だったんだけど、いやぁ凄かった!
これでボディソニック機能付きの座椅子なんかでプレイしたら最高です。

頑丈な檻に入っての海中散歩なんですが、檻の鉄棒に顔を近づけても、違和感なく鉄棒の存在感とバックの海中背景のスライドが表現できていました。
一番気になっていた「スクリーンドア効果」(GEAR VRなどでみられる黒い格子越しに映像を見せられている違和感)がほとんどわかりませんでした。
ただ、横に振り向いて真っ暗な深海をのぞき見たときに、かすかに格子とはまた違った「かすみ網っぽいもの」が映し出されていました。表現が難しいのですが、リアルな空間と認識している自分にとってはそれだけでも気になってしまうんですよね~
で、最後のシーンで前面の鉄格子が外れて、次にサメが来るときは食われるな・・・と覚悟して映像も想像して待ち構えていたんだけど、やっぱり腰が抜けるほど迫力ありましたよw

もう3Dの映像と違って、3D空間に自分自身が放り込まれてしまってる感がハンパないっす。
PSVRの普及にはこういう簡単に体験できるソフトを沢山沢山用意してほしいですね。あんまり超大作みたいなゲームは途中で飽きそうな気がします。
まずは短時間で体験できる素晴らしい作品を作ってくれたら成功するかも。
スポンサーサイト
2016/03/12 Sat. 04:19 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangahaikei.blog.fc2.com/tb.php/146-6dbe96d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。