06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

漫画背景

漫画の背景に関するブログです

いろいろと 

障子01障子02障子03
障子04障子05障子06
これは障子のテクスチャー・・・というよりは描くときのガイドに近いかな。
クリスタやフォトショ等で使えるように作ってみました。
畳やフローリング模様なども作ってます。
和式、洋式問わずいろんなテクスチャーを作って楽に作業できればいいですね。電柱とか自販機も楽になりそう。
でもこれはあくまで自分の背景制作というよりは、漫画アシの仕事に生かしたいと思ってる。

そうです、また漫画アシに復活できそうです。まだ需要があったんですねぇ・・・よかった。

で、今回はVRの話。
たまたま予約が取れたので、お台場ダイバーシティのVR ZONEに行ってきました!
体験談はネット上に数あるけど、もっと詳しく伝えたいと思います(ネタバレにならない程度)

まずアクセス
自分は「東京テレポート駅」を使用。
意外に近そうで遠いんだよね。目の前に建物が見えているのになかなか着かないw
着いたあとも3階のVR ZONEは一番奥で遠いし、プレイ用のカード販売&チャージの仕方が理解するのにちょっと時間がかかってしまった。
別々の販売機じゃなくて駅のプリペイドカードのように1台にしてほしいな。

これから行くって人は時間に注意して欲しい。
ギリギリは絶対ダメ。
最後尾にいた自分が最初のアトラクションを体験できたのは30分後。80分制限なので半分近くプレイできなかったことになる。20分前には入り口にいたほうがいいんじゃないかな。

はじめに体験したのが「高所恐怖ショー」
スタッフに高いところは大丈夫ですか?と聞かれたけど、高度200メートルの板の上に立ったことないのでよくわからないよ。
HTC製VRHMD「Vive」をはじめて装着。
メガネが入ら~な~い~!
無理やり入れたけど、長時間だったら無理ですね。曇るし

そして200メートル上空に。
結構大丈夫でした。 板に乗るまでは・・・・。
あれってズルイよね。これなら平気だなと思ったら、板の底部の真ん中に細い角材みたいのが通ってて、右足を置くと右に傾き、左足を前に進めると板が左に傾く。こんなの地面に置いた板だったとしてもまともに歩けない。

映像では板の上に自分の靴が見えてるんだけど、センサー付きの靴がわりと大きなクロックスサンダルなもので、まるで映像の大きさと合っていなくて、少しずつ進もうと思っても歩くたびに片方のサンダル踏んじゃうんだよね。
結果、歩きづらくてしょうがない。
ビル郡の画質は低画質です。明るい映像だとそれが顕著にあらわれます。それでも十分怖いんだけどね。

成功して無事戻って、VR機をはずすと隣のプレイヤーはネコを片手に板の上に四つん這いになって後ずさりしている最中でした。
スタッフの話によると、大体はそうなるようです。

次に体験したのは「アーガイルシフト」
VR機をかぶるときは、ニンジャマスクなるものを目の周りに装着することで、ヨゴレ防止になってて便利だけど、シューティング用のスティックがちょっと汗まみれのような気がw
あれはクリーン処理したのに、自分の汗でそう感じたのかもしれません。

で、画質が悪い。
待機画面にそれらしいウインドウがいろいろ散らばって浮いてるんだけど、文字はまったく見えません。見せる気が最初からないんだと思うんだけどね。
横に座っている美少女が顔を寄せてくるんだけど、顔が小さい!っていうか体も少し小さく感じる。
これは左右の目の間隔とレンズの間隔の関係で実物大より小さく見えているのか、設定で最初から小さいのかはわかりません。

だがコクピットに装着されるときは興奮しました。座っているイスが映像に連動して可動するので迫力満点!
本当にロボットに乗ってるかんじです。
エンジン(?)の振動がコクピットにいる自分に伝わってくる感じが泣きそうです!

案外、敵のロボットはそんなに存在感はありません。
顔の向きで照準を合わせてトリガーを引く。ゲーム機でプレイしている感覚と同じです。ですが、敵機が近づきながら爆発したときの衝撃がリアルです。
本当に敵機を倒してるって感じがひしひしと伝わってくる。

でも画質が悪いw
ロボットの造形もPS2くらいに見えます。
本当はもっとすごいモデリングなのかもしれないけど、画質が悪くてよく見えません。

終了したとき体がヘロヘロになってたのはVRの影響なのかはわからないけど、やはり長時間は無理なのかも・・・。

今回はここまで。

画質の悪さは少し残念でした。
PSVRは画面のドットが見えない工夫をしている分、ボヤケて見えますが、オキュラスやVIVEはハッキリ見せてるのでドットが目立ち、スクリーンドア効果が現れています。
どっちも今のところ一長一短ですね。




スポンサーサイト
2016/07/14 Thu. 04:08 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangahaikei.blog.fc2.com/tb.php/154-a4b028c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)