07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

漫画背景

漫画の背景に関するブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

デジタルの価値 

漫画・背景・住宅002トーン
作品名【漫画背景・住宅002・トーン】

少し前に完成してたんだけど、ブログを書くヒマがなくて今日になってしまいました。
ちょっと塗りすぎて、リアルになったのはいいけど漫画原稿の一部の背景としてはウルサイかな・・・まぁ使用する人がトーン部分をある程度 削除すれば済むことなんだけどね。
次の背景を描きたいけど、もう少しトーン塗り作業を続けないとちょっと線画のストックが溜まりすぎてるしなぁ。
一応、完成線画が4~5枚。未完成線画(描いてる途中)が10枚以上あります。気分次第であっちこっち作業してるので、なかなか陽の目を見ない作品も多々あります。

さて、今回のサブタイトルですが
最近の漫画家やイラストレーターはパソコンで絵を描いているよね? そうすると生原画というものが存在しないことになる。
もし「原画展」なるものを催しても、プリントアウトしたコピー画しか展示できないことになってしまう。 その場合、原稿及び原画に商業的な価値はゼロですな。
まぁ、イラストに関しては原画色を忠実に再現した高詳細印刷の画集が出ればOKかな、その場合もできるだけ大判サイズにしないとね。

いまブログ書いてて気づいたんだけど、デジタルで描いてる先生方は、そんなことはとっくに理解して作業してるよね。愚考でした。
スポンサーサイト
2012/11/11 Sun. 17:54 | trackback: 0 | 本文: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://mangahaikei.blog.fc2.com/tb.php/86-3f6df8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。